「文章を書けるだけ」で仕事がもらえる

突然ですが、手に職をつける最も簡単な方法は何でしょうか。

資格を取る、プログラミングを学ぶ、など、さまざまな意見があがると思います。

この問いに対して、私は「文章を書けるようになる」という解を提案します。

 

文章を書くというのは、ただ頭に浮かんだことを文字にすれば良いわけではありません。

まず、内容が論理的に正しい必要があります。内容が正確であることはもちろん、語彙の選択が適切か、接続詞を正しく使えているか、など、注意すべき点は山のようにあります。

加えて、読者のレベルに応じた、できるだけわかりやすい表現を用いなくてはいけません。

読んでいて心地よいリズムを作り出す必要もあります。

Webに掲載するのであれば、SEOを意識した構成にすべきでしょう。

そして、これらを一定以上のレベルで実現できる人は非常に限られます。

文章を書くというのは、特殊技能と言っても良いほど難しい行為なのです。

 

だからこそ、文章を書けるだけで、お仕事がもらえるようになるのです。

私自身、学生やフリーランス時代には文章を書くだけのお仕事をたくさん頂きました。

 

もちろん、一流の物書きになるのは簡単ではありません。

しかし、少しできるだけでも相当貴重な人材になることができます。そして、このスキルは一生を通じて活かすことができます。

いま習得すべきスキルは何ですか、と学生さんに聞かれたら、「文章を書けるようになること」を真っ先に提案したいと思います。

それほど、おすすめのスキルです。

 

では、どのようにしたら文章が書けるようになるのか?

それは、また別の機会にじっくりとご紹介しましょう。