学歴ロンダは超おすすめ!就活で有利になります

院試・大学院生活

本日は、学歴ロンダリング(通称:学歴ロンダ)について解説します。

以下の記事でも少しお話ししましたが、出身大学はその後の人生に大きな影響を与えます。誤解を恐れずに言えば、「良い大学に入れば、良い企業に入りやすくなる」ということです。

では、大学受験で失敗してしまった場合、その後学歴を取り返すことはできないのでしょうか?

いいえ、実はいくつか方法があります。そして、そのうちの1つが学歴ロンダリングなのです。

学歴ロンダリング(学歴ロンダ)とは何か

学歴ロンダとはズバリ、「大学を卒業後、より評価の高い大学院に進学すること」を意味します。

例えば、私は東京工業大学を卒業後に東京大学大学院に進学していますが、これはまさに学歴ロンダになります。(一般的には、東京工業大学よりも東京大学のほうが評価が高いと思いますので。)

ロンダリング(laundering)とは、洗濯する、きれいにする、という意味です。学歴ロンダリングは、大学院を利用して学歴をよく見せる行為であることから、このように名付けられています。

学歴ロンダリングの難易度

「東大の大学院に入学するのって、東大に入学するのと同じか、それ以上に難しいんでしょう?」

と考えている人がいらっしゃるかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。「東大の大学院入試に合格するだけ」であれば、東大受験と比較して圧倒的に難易度が下がります。(ただし、人気の研究室への配属難易度は非常に高いデス。)

私自身の感覚では、「東京大学大学院合格」の難易度は、大学受験における「MARCH合格」と同程度の難易度です。もちろん、入試で求められる内容がまったく違うので決して単純な比較はできないのですが、イメージとしては大きく外れていないと思います。

もちろん、これは東大に限りません。一般に、大学院入試は大学入試と比較して非常にイージーです。

そんなわけで、東大の大学院生には、東大以外の学部を卒業した方がたくさんいます。

早慶やMARCHはもちろん、日東駒専を卒業されて東大院に来る方もいらっしゃいます。(逆に、京大や東工大からわざわざ東大院に移る人はあまりいないような気がします。)

学歴ロンダリングのメリット

さて、続いて学歴ロンダリングのメリットを2つご紹介します。

1. 高いレベルの研究や、自分がやりたい研究ができる

高いレベルの研究や自分がやりたい研究ができるという点は、学歴ロンダリングの本質的なメリットと言えるでしょう。

高いレベルの大学院に所属すれば、それだけ素晴らしい研究環境が与えられます。また、やりたい研究を行っている研究室が大学にないという場合、該当する研究を行っている大学院に入学することで、自分がやりたい研究ができるようになります。

例えば、医学の研究に関して言えば、基本的に東工大よりも東大が優れています。そもそも東工大には医学部が無いこともあり、医療系の研究室はあまり多くありません。それに対して東大は、東大附属病院、東京大学医科学研究所といった国内最高レベルの医療機関を有し、その研究範囲は極めて広範囲に渡ります。

実際、私も東大に移ったことで、東工大とは比較にならないほどの素晴らしい研究環境に身を置くことができました。

※研究環境は研究室ごとに異なるため、単純に東工大より東大が優れているとは言えません。

2. 就職活動で有利になる

就職活動で有利になるという点も、非常に大きなメリットです。

例えば、大学院で東大に進学すると、就職活動で圧倒的に有利になります。私の周りには、学歴ロンダリングによって、「出身大学のレベルからは到底考えられないような高レベルの企業」に就職した友人が何人もいます。

「企業は学歴をみるとき、出身大学(学部)しか見ないから、学歴ロンダリングしても意味ない」という意見がありますが、この意見は私の実体験と異なります。

また、仮に企業が出身大学のみで学歴を判断するとしても、例えば東大院に所属している学生は、東大の就活イベントに参加できます。加えて、企業がリクルーターをつける場合、東大出身のリクルーターをつける可能性が高くなります。私も、某コンサルティングファームのリクルーターとして、東大出身の方がついてくださいました。

このように、様々な点で、学歴ロンダリングは就職活動に役立ちます。そもそも、学部ロンダリングをしたということは、それなりに大学院入試の勉強を行って成果を出したということであり、企業からの評価が上がることはあっても、下がるなんてありえません。

学歴ロンダリングの注意点

続いて、学歴ロンダリングをする際に注意すべきことをご紹介します。

1. 就職のためだけにロンダリングするとキツい

まず覚えていただきたいのは、大学院は決して楽な場所ではない、ということです。私自身、大学院在学中にメンタルを壊し、中退を考えました。

「就職活動で有利になりたいから」という理由だけで大学院に進学すると、その後大変な思いをすることになります。

高いレベルの大学院に所属するということは、それだけ高いレベルの研究成果を求められるということです。大学院は就職予備校ではなく研究機関であるということを、忘れないようにしましょう。

2. 大学受験が無かったことになるわけではない

私が東工大に所属していたころ、他の国立大から入学してきた先輩(つまり、学歴ロンダリングをした先輩)がいらっしゃったのですが、正直あまり頭が良いとは言えませんでした。また、東大のロンダ勢にも、割とびっくりするくらい頭が良くない人はいました。

私自身の体感として、学部から上がってきた人(通称、プロパー)と、大学院から入学してきた人(ロンダ組)では、圧倒的に学力や地頭の良さが違うように思います。

「地頭の良さ」を見るという点では、大学院受験の結果は全くあてになりません。一部の外資系の企業などはその点をよくわかっていますから、学歴フィルターを通す際に大学院を完全に無視することもあるようです。

したがって、可能であれば大学受験の時点で、なるべく評価の高い大学に進学するべきなのです。学歴ロンダリングで大学受験の結果は消えません。

学歴ロンダリングを批判するのはおかしい

学歴ロンダリングについて、一部批判的な意見があることは事実です。

当然、難しい東京大学入試を突破してきた人からすれば、私のようなものが「東大生」を名乗るのは納得いかないでしょう。そんなわけで、「学歴ロンダリングはけしからん」なんてことが、一部のネット上で言われたりするわけです。

しかし、「学歴ロンダリングはけしからん」などという意見は、まったくナンセンスです。正々堂々と大学院入試に合格して入学しているわけですから、なにもやましいことはないのです。

実際のところ、学歴ロンダリングを批判するような意見は、ネット上でしか見たことがありません。私自身、東大に在学中も卒業後も、学歴ロンダリングについて何か嫌なことを言われた経験は一度もありません。また、ともにロンダした周りの友人たちを見ても、やはり何も嫌な思いをしていないように見えます。

学歴ロンダリングを批判しているのは、実のところネット上に存在する一部の過激派に過ぎません。学歴ロンダリングをしたい大学生は、正々堂々と学歴ロンダリングをして欲しいと思います。

学歴ロンダリングを成功させるために必要なこと

学歴ロンダリングを成功させるために必要なことはただ1つ、大学院入試対策です。

このサイトでは、大学院入試に関する情報を発信しておりますので、是非チェックしてみてください。メールやTwitterでのお問い合わせも大歓迎です。

同じ学歴ロンダリング経験者として、みなさまの学歴ロンダリングの成功を応援しています。